ウメの語源は
「熟む実」「うつくしくめずらしい」からきた語。



梅のルーツは?
 梅の原産地は中国の長江中流、湖北省の山岳部といわれており、すでに3000年以上前、青梅を薫製したもの、薬用として利用していました。
 また、遺跡の発掘においても副葬品として梅が出土する場合があります。


梅のルーツは?
 歴史で習ったことがありますが、1500年以前に遣唐使が中国から漢方薬の「烏梅(うばい)」として持ち帰り、当時から食薬として利用されたものが最初と言われており、「烏梅」と相前後して入って来たと思われ、「梅」は、日本の気候によって、長い時間をかけ品種改良が行われ、中国の梅とは全く品質の異なる日本独自のものに生まれ変り、今日では中国の梅を「杏梅」、日本の梅を「酸梅」といわれ日本の梅はすっぱく、有機酸の含有率の多い事が示されています。
 梅は、万葉の昔から親しまれ、数多くの歌人による、梅にまつわる詩歌が残されており、この事からも、かなり古い時代から日本でも梅が栽培されていたことがうかがえます。
 塩漬が“梅ぼし”として書物にはじめて登場したのが平安中期。村上天皇が梅ぼしとコブ入り茶で病が平癒されたことや、日本最古の医学書『医心方』にもその名が記されています。
 鎌倉時代、梅ぼしは僧家の点心やおやつで、室町時代に入りやっと武家の食膳にものぼるようになります。室町から戦国時代にかけては、見るだけで唾液を催す食欲亢進剤としての役割や、戦場での「息合の薬」、即ち息切れ防止薬として使われていました。

 烏梅とは、中国では古代より青梅を薫製したものを言い、薬用として利用していました。日本にもこの形で奈良時代に伝来して来たとされています。梅の実を果実として利用しだしたのは鎌倉時代以降で、梅干しは梅の実の加工技術が進んだ戦国時代、梅酒は江戸時代の頃から作られるようになりました。梅は、遙か昔から薬だったのです。

紀州田辺の梅のルーツは?
 紀州田辺に梅が多く植えられるようになったのは、古くは奈良時代と考えられますが、当園のある上秋津村(現在の田辺市上秋津)では慶長年間1600年頃にすでに梅の粗放栽培があったと記されています。
 梅ぼしが一般の家庭に普及したのは江戸に入ってから。幕府が梅を植えることを奨励し、江戸中期には冬が近づくと梅ぼし売りが、納豆売りや豆腐売りと同じように、街を呼び歩き冬を告げる風物となったのです。
 記録によると、紀州徳川家の5代藩主・吉宗、紀州田辺藩家老職・安藤帯刀により、生産力の低いやせ地等を利用し、梅の栽培を奨励し、またそれにより年貢を免除する等の保護政策のもと、田辺地方を中心として栽培がさかんになり、当時は、この梅を「ヤブ梅」とよばれていました。
明治を迎え、明治十年から二十年代にかけて全国的に流行したコレラや赤痢の予防・治療に梅ぼしが用いられ、その後、梅の栽培が急激に増加しはじめたのは、明治40年以降で、これは、日清・日露戦争当時及び、その後の相次ぐ戦後の食薬を兼ねた副食物として需要が増加したものであり、日の丸弁当はその代表格です。
 現在では、地方に合った栽培技術の改良により、梅の種類は花梅で300種以上、栽培用実梅で20種以上が認められています。

 当地方でも積極的な、増産、品種改良を進めてきた結果、田辺市が現在の梅の生産量、品質共に日本一の産地となり、青梅、梅干、またその他の梅製品として全国出荷されています。

南高梅のルーツは?  
梅の正式な学名は、「プルナス・ムメ・シーボルト・エト・ツッカリーニ」(Prunus Mume Siebet Tucc)、なんか舌をかみそうな長い学名です。バラ科サクラ属の落葉高木です。
 小山貞一氏が17歳の時、当時からすでに、田辺市お隣の南部(みなべ)郷の農家でも梅が栽培されていたが、そのほとんどは小粒の梅だった。もっとよい品種の梅に改良したいと考え、栽培研究を続けていたが、満足のいく品種の梅を作り出すことがなかなかできなかった。
 20歳で徴兵へ、22歳で帰り、叔父から「そんなに梅づくりをやりたいのなら、晩稲(おしね)の高田貞楠氏が作っている梅畑に1本だけすばらしい品種の梅の木があるから、穂木を分けてもらいにいってこい」と言われた。しかし高田貞楠は、最初は難色を示したが、貞一の熱心さに最後には快く承諾。この高田梅の1本の母樹から60本の穂木を切ってくれたのだった。これが、南高梅への1歩となった。
 昭和26年、南部郷に梅優良母樹調査選定委員会が結成され、委員長に竹中勝太郎氏、和歌山県立南部高等学校教諭の竹中勝太郎氏、が就任し、貞一も委員の1人となった。ちなみに園主も南部高校出身です。昔は農業高校で有名でありました。
 昭和40年、「この高田梅を今後、南高梅という名称で農林登録したい」という話が竹中勝太郎氏から貞一にあり、そして高田貞楠氏にも承諾を求めそして、農林種苗登録から和歌山県の推奨品種「南高梅」が誕生しました。「南高梅」とは、和歌山県立南部高等学校の略称の「南高」とも読め、また「高田梅」の略称にもなる。まさに打ってつけの名称になり、現在田辺市周辺で採れる南高梅が「紀州南高梅」として出荷されています。