[うめっ〜しゅ梅ジュース梅酒梅干し梅エキスかりかり梅]

 材料は肩(堅い)のしっかりとした小梅
カリカリ梅1−2−3
材料(割合)
小梅 4Kg
焼酎35度(もしくはお酢1/2カップ
塩 400g
(粗塩の方がよい)
容器等
ホウロウ容器・ポリ容器、保存ビン

あく抜き
小梅を流水で洗い、水に2時間程度つけてアク抜きをします。(長時間つけすぎないように)
ヘタとり・水気とり
あく抜きが済んだ小梅をザルにあげ水気を切り、ヘタがついている小梅は、丁寧に 爪楊枝や竹串でヘタを取り除きます。
キレイなペーパータオル等で小梅を包み込み、さらに水気を取り除きます。


カリカリ梅は、つけあがれば直ぐに食べられます。出来上がったカリカリ梅の保存は冷蔵庫で!
焼酎(もしくはお酢)を加える
ポリ容器・ホーロー容器を熱湯で消毒し、小梅を入れて1/2カップのお酢を入れて、かき混ぜて下さい。

お塩をまぶす
400gのお塩を加え、3分程度待ってから、丁寧に刷り込んで下さい。全体にきとおったような緑色になるまで刷り込んでください。

早く水をあげる
翌日から一日に2度程度、梅が上下になるように振ってください。約1週間程度で水が上がってくればつけあがりです。但し、小梅は上がってくる水(白梅酢)は少ないですので、容器を45度程度傾けて少し水が出ていればOKです。

保存ビンに小分けし冷蔵庫で保管
小梅の水(白梅酢)を切り、煮沸消毒した保存ビンに小分けして入れ、冷蔵庫で保存してください。常温で保存すると、柔らかくなりカリカリ感がなくなっります。


ポイント
肩のしっかりとした小梅を使う。店舗に何日も並んでいるような梅は避ける。
◇使用する容器や保存ビンは衛生的にして下さい。