[うめっ〜しゅ梅ジュース梅酒梅干し梅エキスカリカリ梅

 材料梅は 南高(なんこう)梅がおすすめ
梅ジュース(シロップ)1−2−3

新鮮な紀州南高梅2kg 
青くてあまり熟していない、南高梅を選んでください。(少し黄色みを帯びていても、南高梅なら大丈夫)
砂糖1.5kg (あまり少なくすると発酵します)
(発酵が心配でしたら、梅と砂糖合計重量の10%kお酢を入れる)


冷凍することで、エキス抽出に失敗する確率が低くなります
梅を流水でキレイに水洗いし、ヘタをつまようじ等で取り除きザルで水切りします。
ビニール袋に梅を入れて冷凍室に24時間入れカチカチに冷凍します。
冷凍することで、梅の細胞壁が壊れ、失敗なく短期間で梅の成分が抽出できます。
もちろん冷凍しなくてもエキスは出てきます。
冷凍する代わりに、竹串で梅を数カ所つついて穴をあけておいてもいいでしょう。
砂糖1.5Kg(好みに応じて)と梅を交互にビンに入れ、密封します。
梅が解凍しはじめたら、時々ビンを動かして砂糖を溶かします。

約10日でジュースが出来上がります。残った梅はジャム等に再利用出来ます。
保存する場合はジュースを広口ビンに入れ、ビンごと、大きめのお鍋に入れて、広口瓶のフタを開けて加熱殺菌し、冷ました後、冷蔵庫に保存して下さい。これで梅シロップの出来上がり、お好みにあわせて、冷たい水で4〜5倍に薄めてから、味わってください。


ポイント
収穫された梅は、その瞬間から成分を外に放ち始めますので、梅の成分を逃さないため、収穫後出来るだけ早く、約24時間以内に漬け込みすることがポイントです。
梅干しや梅酒やジュースなどを上手く漬け込むには、「光を入れない」「空気に触れない」「温度を低く一定に」の3つの条件を満たすことがポイントです。