フレーム左上
フレーム右上

みかんの里の物語
このページは、私のふるさと「上秋津」でのみかん作りの物語です。
みかん歴史本ネバー・エンディング・ストーリー

物語の始まりは、400年前から

 僕の町、田辺市上秋津(かみあきづ)でのみかんの栽培は以外に古く、みかんの一種の柑子(こうじ)が、西暦1600年頃には栽培されていたと百年史田辺「ふるさと再見」に記されている。その後、九年母(きゅうねんぼ)小みかん、金柑が試作されはじめていた。文久二年(西暦1862年)、数本の金柑の試植に成功し、明治10年(西暦1877年)杉の原の山林を開拓し、数百本の苗木を植え、金柑栽培が上秋津村内に広がりました。明治の中頃から、温州・八代等が栽培され、田辺地方でも特に水田の少ない上秋津が栽培の中心地となる。

山の形がかわるほどの大きな水害から....
 明治22年の大水害で、水田を流失した多くの村民が、山を開墾しみかん栽培をしたという文章が見られることから、この水害が、果樹園を拡大させる契機となったのかも知れません。この水害で私の家も流され、現在の場所に引っ越ししたそうです。

絹糸の大暴落があり、第二次世界大戦が終わり..
みかん 三宝柑昭和期に入ると、世界的不況で、絹糸の価格が大暴落して、農家で盛んだった養蚕が、大打撃を受け、桑園は次々と果樹園にかわっていった。この時期上秋津村あげての村有林の開墾事業が進められた。戦後、農地改革によって、小作地が自作地になったこと等も、みかん専業農家としての発展へとつながった。明治大正時代に栽培されていた、小みかん、九年母、八代、柑子は、いつしか姿を消し、かわって普通温州、三宝、早生温州、夏柑が中心となり、晩柑類が増加しました。

2度にわたる価格暴落にも立ち向かい
みかん 八朔柑昭和43年、全国的に温州の生産過剰状態となり、価格大暴落から、JA紀南上秋津支所に農家で組織される生産販売委員会を中心として、柑橘栽培の将来のあり方、さらに今後の取組についての真剣な議論が行われた。この話し合いの結果、主力柑橘であるみかんについては、既存品種では出荷時期が全国的にも出荷量が多い時期(10月中旬〜11月)と重なるため、出荷時期を早めることにより付加価値をつけるための早生品種系統への品種転換を進めるとともに、一方、晩柑類については、それまで地区の中晩柑類の大勢を占めていた夏みかんから、食味が良好で高い単価が期待できる新品種導入を進めることになった。この結果、中晩柑品種についてはポンカン、早生伊予柑、ニューサマーオレンジ、紅八朔など新たな品種の導入がが行われたが、みかんについては、上秋津地区に適応した有望な品種はなく、試行錯誤の繰り返しでした。

立ち上がった青年農業者有志が
みかん バレンシアこのような中で、昭和47年には、昭和43年を上回るみかんの大暴落があり、また昭和50年度からみかんの生産調整が実施されることとなり昭和49年、危機感を募らせた20〜30代の青年農業者有志が結集し地域の生き残りを賭け、新たな品種の導入・適応性を検討するための組織として「晩柑同志会」を結成した。当地方では、甘夏、八朔、ポンカン、バレンシャオレンジなどの晩柑が増加しました。
 昭和50年に入り、和歌山県下津町において、極早生品種「宮本早生」が発見され、晩柑同志会ではいち早く入手し、地域での適応性についての試験・検討を行った。その結果、宮本早生は、従来の早生みかんに比べ一層の早期出荷(9月中旬から)が可能であり、生育についても上秋津に適していることが確認され、地域農業存続の切り札として大いなる期待がこの品種に寄せられた。しかし、宮本早生の苗木にウィルスが保毒していることが確認され、ウィルスを持ち込むことは柑橘産地として命取りにもなりかねないことから、地区内の一部農家からは、宮本早生導入に対して慎重論もあったが、晩柑同志会、生産販売委員会が中心となって、普及所等の協力を得ながら苗木一本一本のウィルスの保毒有無の検定を行うことによって、昭和54年から本格的に導入を進めることとなりました。宮本早生はみかんの有利販売を可能にするとともに農家所得の向上に大きく寄与し、いわば地区の柑橘生産の救世主となり、現在でもみかん早期出荷の主力品種となっています。なお、「晩柑同志会」の活動はその後に和歌山県果樹新品種研究同志会という県下全域の組織へと発展しています。


鉛筆
物語は、はじまったばかりです....おわることない「みかんの里物語」は21世紀へとつづきます






フレーム左下
フレーム右下